1155円 日本人少女ヨーコの戦争体験記 竹林はるか遠く 本・雑誌・コミック 人文・地歴・哲学・社会 歴史 日本史 おトク 日本人少女ヨーコの戦争体験記 竹林はるか遠く admin.primesteelindia.in,竹林はるか遠く,1155円,日本人少女ヨーコの戦争体験記,本・雑誌・コミック , 人文・地歴・哲学・社会 , 歴史 , 日本史,/elutriator1144676.html おトク 日本人少女ヨーコの戦争体験記 竹林はるか遠く 1155円 日本人少女ヨーコの戦争体験記 竹林はるか遠く 本・雑誌・コミック 人文・地歴・哲学・社会 歴史 日本史 admin.primesteelindia.in,竹林はるか遠く,1155円,日本人少女ヨーコの戦争体験記,本・雑誌・コミック , 人文・地歴・哲学・社会 , 歴史 , 日本史,/elutriator1144676.html

おトク 日本人少女ヨーコの戦争体験記 店内限界値引き中&セルフラッピング無料 竹林はるか遠く

日本人少女ヨーコの戦争体験記 竹林はるか遠く

1155円

日本人少女ヨーコの戦争体験記 竹林はるか遠く




1986 年にアメリカで刊行後、数々の賞を受賞。
中学校の教材として採択された感動秘話。
邦訳が熱望されていた名著、待望の日本語版

終戦前後の朝鮮半島と日本で、日本人引き揚げ者が味わった壮絶な
体験を赤裸々に綴る、息もつかせぬ、愛と涙のサバイバルストーリー
  


ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ 著 監訳 都竹 恵子 訳 2013.07.11 発行
ISBN 978-4-89295-921-9 C0097 四六並製 236ページ 


内容紹介
一九四五年は、朝鮮北部に住んでいた一人の日本人少女にとって、最悪な年だった。
その当時、第二次世界大戦の脅威が日本に迫っていた。前哨隊を朝鮮北部の国境近くに配置しているソ連が、アメリカやイギリスの連合国軍に加わって、いつ日本に宣戦布告してくるか分からなかった。
重大な危機が、すぐ目の前にまで迫っていることも知らず、川嶋擁子は竹林に囲まれた家で何不自由なく幸せに暮らしていた。

擁子の幼い頃の思い出に、父がつがいのカナリアを持ってきたことがあった。鳥かごの前に座っては、長い間カナリアと話をしていた。後にこのことを作文に書いて学校で発表すると、クラスメートたちは笑い出して、「人間が鳥と話なんかできるわけがない」と言った。しかし、その頃、すでに作家になろうと思っていた擁子は、「私はできるし、ちゃんと話をしたのよ」と言い張った。そして、この作文が地方新聞に載ったときは殊の外喜んだ。

しかし、それから数年後に、想像を絶するような現実の真っただ中に陥ることになるなど、擁子は知る由もなかった。――それはあまりにも冷酷で悲惨なものだったので、擁子が大人になってからそれを綴るまでに、多くの時間を要したのである。

ヨーコ・カワシマ・ワトキンズはアメリカ人と結婚し、四人の成人した子供の母親となり、現在ケープ・コッドに住んでいる。英語をマスターし、彼女自身の悪夢の物語を書きあげた努力は、生き残る技を身につけ、幼い頃朝鮮からの脱出時にみせた粘り強さと意志の証明である。彼女曰く――私はどん底のさらにどん底にいたのよ、と。

この本の出版に際し、作家仲間の一人が擁子に、

「これからは、他の作家といろいろな面で、競争をすることになるでしょうね」と言った。しかし、擁子は、いいえ、何のためであろうと誰とも競争するつもりはない、と答えた。

「私は若い頃、生きるか死ぬかの戦いをした。そして私は勝ったのよ」

これは擁子の勝利の物語である。




目 次 ――

序   ジーン・フリッツ

第一章 擁子の章(一)
 深夜に突然の来客。それ以降、私たちの生活が一変した

第二章 擁子の章(二)
 羅南駅への道のりも、いつも父を迎えに行くのとは違う気分だった

第三章 擁子の章(三)
 赤十字列車を降り、本格的に母子三人の逃避行が始まった

第四章 淑世の章(一)
 そのとき兄・淑世は羅南の弾薬工場にいた

第五章 擁子の章(四)
 間一髪の危機を脱出し、再び母子三人で京城を目指す

第六章 淑世の章(二)
 友人たちと別れ、兄・淑世は一人で京城へ向かっていた

第七章 擁子の章(五)
 朝鮮半島を離れ、ようやく祖国・日本にたどり着く

第八章 母の章
 母と離れ、女学校での生活はさらに不安なものとなった

第九章 好の章
 姉の後悔。そして私たちは、新しい生活の拠点で再スタートを切った

第十章 擁子の章(六)
 新年早々現実に直面。そんなとき、私は生活を一変させるきっかけに出会う

第十一章 淑世の章(三)
 吹雪の中で力尽きた兄・淑世。彼が求めた灯りの正体は

日本語版刊行に寄せて   ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ
訳者あとがき       都竹 恵子



日本人少女ヨーコの戦争体験記 竹林はるか遠く

ランキング 34
ロケーションCardiff, Wales
創立1883
有名な専攻分野 心理学・法律・MBA
外国人学生向け費用£15,080-18,980
概要
ロケーション Cardiff, Wales
創立 1883
有名な専攻分野 心理学・法律・MBA
外国人学生向け費用 £15,080-18,980

カーディフ大学の紹介

大学の日本語サイト: www.unicardiff.jp

カーディフ大学は、政府による独自の評価において、教育、研究ともに力を入れている英国の一流大学のうちの1校として認められています。近年見事な業績をあげているカーディフ大学では現在、刺激的な教育アプローチと最新の優れた施設を利用して講義を行っていて、30,000人の学生(そのうち10,000人は留学生)がこのウェールズの大学に在籍しています。

カーディフ大学では、社会科学、工学、テクノロジー、そして多様な専門的職業分野において、研究と研究成果を取り入れた教育を行っています。また、一番最近実施された研究調査機関によると、第5位にランクされ、QSWorld Universtiy Ranking(QS世界学術ランキング)では、世界で123位と評価されています。ジャーナリズム、メディア&カルチャー研究学部は、「ジャーナリズムのオックスブリッジ」と形容されています。

95%のカーディフ大学の卒業生は、就職するか大学院に進学しています。カーディフ大学は、英国の一流研究大学24校で構成されるラッセルグループの一員です。

  I would like to convey my sincere thanks to the team at SI-UK for the advice and assistance given during my admission to University College London. They were always ready to answer all my queries and I was regularly updated on my status. I would definitely recommend the Premium service to others.  

Maruko Nakata Economics at University College London